開催告知(プログラム)

(1) 第84回核医学部会 4 月15日(金)10:00~12:00  (F201+202室)
                      総合司会  東北大学病院 小田桐 逸人

   「部会報告」    核医学部会長 飯森 隆志

   シンポジウム 「これからの骨SPECTの話をしよう」
                       座長 豊橋市民病院 市川 肇
                          藤田医科大学 椎葉 拓郎

 1. 18F-フッ化ナトリウムによる骨PETイメージング 横浜市立大学附属病院 尾川 松義
 2. 骨SPECTの定量精度を高めるワンポイント    がん研究会有明病院  宮司 典明
 3. 骨SPECT画質評価の現状と課題         豊橋市民病院     市川 肇
 4. 骨SPECTの標準化と研究動向          福島県立医科大学   三輪 建太

    教育講演 4 月15日(金) 9:00~9:50 (F201+202室)
                      司会 金沢医科大学 奥田 光一

「骨シンチ、知って得する、一夜漬け」  金沢大学医学部附属病院 瀧 淳一

(2) シンポジウム 4月15日(金) 16:20~18:20(503室)
    Causes and countermeasures for artifacts in medical images.
   「医用画像(CT,MRI,SPECT,PET)におけるアーチファクトの発生原因とその対策」
                           司会 神戸常盤大学 對間 博之
                              山口大学医学部附属病院 甲谷 理温

 ① CT画像に発生するアーチファクトの理解と対策         千葉市立海浜病院 高木 卓
 ② MRI画像診断に欠かせないアーチファクトの知識       東千葉メディカルセンタ- 坂井 上之
 ③ ガンマカメライメージングにおけるアーチファクトの基礎知識 豊橋市民病院 市川 肇
 ④ PET/CTのアーチファクトとピットフォール          福島県立医科大学 三輪 建太

(3)専門部会講座
  専門部会講座③ 核医学(入門編) 4月16日(土) 8:00~8:45 (414+415室)
                           司会 藤田医科大学 椎葉 拓郎

   「腎尿路系の核医学画像」    倉敷中央病院 長木 昭男

  専門部会講座④ 核医学(専門編) 4月15日(金) 12:10~12:55 (F201+202室)
                           司会 帝京大学 横塚 記代
  「放射性薬剤の未来:診断と治療の融合」
                  東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 古本 祥三

(4)その他
 ・実行委員会企画9 4月16日(土) 12:10~13:00 (F201+202室)
                       司会 がん研究会有明病院 宮司 典明

 「これからの核医学治療に必要な放射線技術」 福島県立医科大学 右近 直之


 ・JRC合同企画8 ハンズオンセミナー(申込要) 
              核医学治療 4月14日(木) 13:30~16:30
                    4月15日(金) 15:30~18:30

 ①標的アイソトープ治療の線量評価で用いられるMIRD法の基礎 量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所 坂下 哲哉
 ②RT-PHITS及びPARADIMを用いた核医学線量計算の実演   大阪大学 核物理研究センター 佐藤 達彦
 ③最新の核医学治療の動向                  福島県立医科大学先端臨床研究センター 鷲山 幸信
 ④核医学イメージングからの線量評価の実践          福島県立医科大学先端臨床研究センター 右近 直之