部会長挨拶

 平成27年度より「核医学分科会」は「核医学部会」と名称も新たになり,これを機に
核医学部会の部会長を拝命いたしました.核医学部会(分科会)は1980年に設立されて
以来,これまで多くの会員の皆様のご協力と,7名の分科会長はじめ歴代の委員のご尽力
により,本邦の核医学技術の発展に寄与してきました.その歴史と先達の思いを顧みると,
私たち現委員も身の引き締まる思いであります.
 私はこれまでも核医学部会の委員として参加してきましたが,当初より一貫して,同じ
抱負のもと活動をしてまいりました.それは,『おもしろい核医学』を実践することであ
ります.私が診療放射線技師として育ってきた大阪の地では,物の価値を「おもしろいか
否か」で判断をします.私は,ローテーション勤務で携わっておられる若い技師の方には,
核医学の「おもしろさ」を感じながら業務をしていただきたいと思っております.
また,これから病院実習や臨床現場に出ていく学生の方には「おもしろい核医学」の一端
でも良いので,イメージできるようになってほしいと思っております.
 また,現在,居を構えるつくばの地では,様々な領域の最新技術が融合し,日々,新しい
成果や価値が生み出されていきます.今後も,医学はもちろん理工学や薬学など様々な職種の方と連携しながら,これまで培ってきたエビデンスと更なる工夫を融合し,日本発の新しい核医学技術を生み出していければとも考えております.
 核医学部会では,そのような希望を会員の皆さんに抱いていただけるよう,これからも微力ながら頑張っていこうと考えておりますので,会員の皆様には引き続き,核医学部会の活動にご理解とご協力をよろしくお願いいたします.

                                         茨城県立医療大学 對間博之